クリニックでの亀頭増大の価格

亀頭増大の種類によって大きく異なる費用

クリニックの亀頭増大の治療の価格は、自由診療なのでそれぞれ異なります。
また、手法も一つではないため、どのような方法で亀頭増大をするのかでも価格は変わります。
したがって、亀頭増大を行いたいと考えている方は、価格を確認するのももちろんですが、具体的な治療方法を調べて、どこが良いクリニックなのかを調べることが大切です。
価格が安ければ5万円ほどから、高ければ50万円という方法もあります。

亀頭増大のために薬剤を注入するタイプの方式では、1CC当たりいくらかという料金表になっていることが多いです。
この場合、亀頭増大に薬剤を利用する量で価格が変わることとなるので、正確な数字を知りたい場合は医師のカウンセリングを受ける必要があります。
使う薬剤が高価な物で注入する量が多くなれば、場合によっては100万円近くにあることもあるので、どれを選択するのかは大きく結果を左右する事柄です。
検討の際にはよく考える必要があるでしょう。

亀頭増大に用いる薬剤などを総合的に比較して選ぶ

ヒアルロン酸を注入するタイプの亀頭増大術が多いですが、ヒアルロン酸にも様々な種類があります。
そのため、注入するタイプによって大きく価格差が生じます。
安いところは10万円未満となりますが、高ければ20万円を超えてくることがあるのでこの差は大きいです。

さらに、前述のとおり注入する量によっては100万円近くになることもあるなど、選ぶ際には考えておきたい事情となります。
ヒアルロン酸はいずれは体内に吸収されてくるので効果はいずれ消滅してしまいますが、ある程度の持続力はあるのですぐになくなることはありません。
ヒアルロン酸以外にも様々な注入物があり、それぞれメリットデメリットが異なります。
したがって、亀頭増大術を受けるにあたってはそれぞれの情報を比較し、医師と相談して最終的な決断をしましょう。
安くても腕の良い医師による注入であれば仕上がりに満足できることもあるので、クリニックの施術数なども参考にすると良いです。

まとめ

亀頭増大術は後遺症も起こることがありますが、これは技術が低かったり体質に合っていない薬剤を使ったりといったことが原因です。
そのため、安易にどれを利用するのか決めるのではなく、きちんと医師と相談して決めることが大切になってきます。
治療のリスクが低い方法の方が長い目で見て安心ですし、レベルの高い医師による治療の方が安心です。
そうした事情も加味して自分で納得できたクリニックを選ぶと、後悔する可能性を抑えられるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です